自爆営業ひきこもり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

労働

パワハラにあらがった記録

前の職場でパワハラや自爆営業(自社製品の買取強要)の記録を公開していきたいと思います。 また、退職後の職場の対応も記しておきます。傷病手当金の書類を全然出してくれなかった。このとき社労士110番に電話をしたのですが、全く役に立ちませんでした。 …

高額所得者は威張っていい

生活保護の問題ってまあよく言われるんだけど、どんどん受ければいいんだよ。東洋経済オンラインの「生活苦に苦しむ高齢者たちの実情」の記事(現在削除されている)の例だと医療費が負担になるのと持ち家がネック。だったら家を処分しようぜ。 そうすれば、…

長時間労働も過労死も終身雇用のせい

城繁幸さんのことを書こうと思って忘れていた。前に選挙があったけど、城さんは立憲民主党の支持者に対して冷ややかな目でみていたんだよ。 彼は日本の解雇規制を緩和しろと主張している。長時間労働も過労死も終身雇用のせいだと。労働市場が流動化しないか…

今の自分に不安だから人の足を引っ張る連中

普通から外れると外野がうるさい。いろいろね。インドでキャバクラを始めた沼津マリーさんもそうことを周りに言われて、「こいつらみんな、自分の足を引っ張っている」と思ったらしい。 オレもそう思う。こういう連中は、今の自分に不安だから何かやろうとす…

もし自分がブラック企業の経営者の立場なら

ブラック企業研究家になろうかと思っている今日このごろです。ブラックを知るにはブラックの気持ちになればいいんじゃないだろうか。 企業だと従業員が訴えることが少ないとは言ってもリスキーだろう。オレみたいに弁護士に相談して訴訟を起こそうと思ってい…

バブル期での労働者の会社への意識調査

今はブラック企業が蔓延していて労働者の会社への不信感は募るばかり。では、Japan as NO.1と言われていた時代(バブル期)ではどうだったのか。 就職戦線異状なしという映画をちょっと思い出しました。バブル期の就職を描いた映画です。 1988~2000年で14カ…

日本の労働環境を改善させる方法を思いついた

日本の労働環境を改善させる方法は、働かないこと。 ブラック企業のビジネスモデルは、労基法無視でばんばん人を酷使して使い捨てににする焼畑商業で成り立っている。でも、働かない人が増えれば労働者の奪い合いになる。 労働者の売り手市場になればブラッ…

現代日本の労働世界を読み解く~後編

12月17、18日に受けた放送大学の面接授業「現代日本の労働世界を読み解く」(講師:上井喜彦)の第5回から第8回までのまとめ。それと「営利と倫理:スミスとヴェーバー」(講師:小林純)も少し。 第5回 ・1980年代に過労死問題が出てきた。医者が注目・OECD…

現代日本の労働世界を読み解く~前編~

12月17、18日に受けた放送大学の面接授業「現代日本の労働世界を読み解く」(講師:上井喜彦)の第1回から第4回までのまとめ。 第1回 ・ロシアがトランプに有利になるようにサイバー攻撃・アメリカがグローバリズムを主導した結果、格差が拡大・トランプは、…