わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

大学

「消滅自治体を越えるまちづくり」ー地方自治体は消滅したほうがいいのか

面接授業「消滅自治体を越えるまちづくり」(講師:斎藤友之)という科目を受講した(2016年10月22~23日)。自分が選挙に出るつもりがあったので地方自治体の現状を知っておきたかった。 あらかじめ、ちきりんさんの「地方自治体の消滅こそ社会の進歩」とい…

「スピーチとコミュニケーション」ー2ヶ月でジョブズになる方法

面接授業「スピーチとコミュニケーション」を受講してきました(2016年10月19日~12月14日)。この科目の先生は、フリーアナウンサーでフェリス女学院でも講師をやっているそうです。 この科目は週に1回授業があるのですが1コマしかやりません。つまり、8コ…

「営利と倫理:スミスとヴェーバー」-ピケティのr(資本収益率)>g(経済成長率)

「営利と倫理:スミスとヴェーバー」の面接授業を受けた(2016年11月20日と27日の日記)。 ■アリストテレス(B.C.384~322)によると、交易(人間同士であいだの仕事)は不自然である。立派な人はそういうことはしない。ということは、立派でない人は交易を…

現代家族の社会学ーなぜ日本はベビーシッター利用率が低い?

放送大学の面接授業「現代家族の社会学」が終わりました~(2016年8月の日記) 先生に質問をする人も多くて活発的でした。最初のほうの授業は眠気が襲ってきたのですが、積極的に僕も質問するように心掛けました。疑問があればどんどん発言して授業を活性化…

総合人間学入門ー「人間とは何か」「人生に生きる意味はあるか」

「総合人間学入門」という科目で「人間とは何か」「人生に生きる意味はあるか」を扱うので受講を決めました(※2016年10月ごろの日記)。昔、中島義道など読んでいたもので……。 いや、こういうのにハマるとひきこもりから抜け出せないと思って一時は足を洗っ…

新聞記者から「ホーソウ大学って何?」と聞かれた

「ホーソウ大学、ですか? あの、私、そのホーソウ大学というのをよく知らないのですが、何年で卒業するものなのですか」とある新聞記者が戸惑った声で電話でたずねてきた。 「一応、他の大学と同じように4年ですね。でも、放送大学の学生は卒業を目的にする…

卒業まで残り21単位

放送大学のキャンパスネットワークにログインし、単位が取れているかどうか確認したところ、面接授業は全て合格していた。 科目は以下のとおり。 「消滅自治体を越えるまちづくり」「営利と倫理:スミスとヴェーバー」「総合人間学入門」「現代日本の労働世…

現代日本の労働世界を読み解く~後編

12月17、18日に受けた放送大学の面接授業「現代日本の労働世界を読み解く」(講師:上井喜彦)の第5回から第8回までのまとめ。それと「営利と倫理:スミスとヴェーバー」(講師:小林純)も少し。 第5回 ・1980年代に過労死問題が出てきた。医者が注目・OECD…

現代日本の労働世界を読み解く~前編~

12月17、18日に受けた放送大学の面接授業「現代日本の労働世界を読み解く」(講師:上井喜彦)の第1回から第4回までのまとめ。 第1回 ・ロシアがトランプに有利になるようにサイバー攻撃・アメリカがグローバリズムを主導した結果、格差が拡大・トランプは、…

子どもの育ちの文化

5月27、28日に受けた放送大学の面接授業「子どもの育ちの文化」(加藤理 文教大学教育学部教授)の感想です。けっこう時間は経っているのですが既に文章にしていたので基本コピペして少し再編集しただけです。 まず、この先生の話は面白くて授業の進行も上手…