自爆営業ひきこもり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

選挙

選挙に出ると宗教関係の人が寄ってくる

選挙のあとずっと体調を崩していた。選挙活動は疲れても休めば回復する。一番厄介なのは選挙って良くも悪くもいろいろ人が寄ってくる。これはね、考えつかなかった。 宗教関係の人たちにいろいろ迫られたのは大変だった。何とかを毎日唱えたら自分の病気も良…

ひきこもりは保守かリベラルか

明日、選挙かあ。降水確率100%なんですけど。リハビリのために投票に行ってきます。 逆張りブロガーみたいにお前ら投票しても無駄だよみたいなことを書いてみたいなと思っていました。そういうことを誰か言ってないかなあとググってみてさも自分の考えのよ…

となりのおじさんもおねーさんも議員になってもいい

ひさしぶりに歯科に行ってきた。いつもは三ヶ月に一回定期検診している優等生なんだけど、調子崩してから今年は一回のみ。 重い腰をあげて歯を診てもらった。実は、そこの先生は俺が選挙最終日に駅前で演説しているところ、 「なにやっているんですか、佐藤…

民進党の総支部長VS無職ひきこもり

自治会の夏祭りで民進党の総支部長の杉村しんじさんがオレに気づいてあいさつに来てくれた。この前の市議選の最終日に会って以来か。同行していた民進党のカメラマンさん(or職員)ともまた会ってお互いびっくり。 たぶん、杉村さんは次の国政で衆院選に出る…

選挙が終わってしばらく経ったあとの話

(1)宗教の勧誘がしつこかった。選挙前に自分の立候補のことを知られちゃってそのときもしつこかった。でも、選挙の準備で忙しいんでと断っていたが選挙が終わったからとまた勧誘が……。 偶然にも数名から同時勧誘攻撃が来た。「ガンが治った人もいる」とか…

選挙直後の話

(1)選挙後、翌日ぶっ倒れていた、と思う。記憶がない。 (2)選挙カーの業者さんに車を返す手続き。車に傷がないかを確認してもらってOKが出た。 業者さん「今回は残念でしたね」オレ「地方議会なら組織なしでも行けると思ったんですが」 業者さん「いやで…

自分が選挙に立候補した経緯ー後編

(17)土日夜間議会にしようという団体があるのを知った。2015年にそれを公約に掲げて千代田区議会選挙で三人が立候補した。みんな落選。しかし、旧民主党や維新の党を上回る票を得た。三人立候補したのは三人の議員がいないと議案を提出しないからだったが…

自分が選挙に立候補した経緯ー前編

時系列順に自分の選挙に立候補した経緯を書いていく。 (1)2015年4月 千葉県花見川区から中卒ニート25才が立候補。ネット上で話題になる。衝撃を受けた。選挙のあり方を考えさせられたと同時にその行動力に感服した。 (2)いろいろ調べたところ、ニコニコ…

選挙に出た結果どうなったか

選挙に出た結果どうなったか? ・平日の昼間に外に出ても前より出やすくなった・多くの人に声をかけられるようになった・自治会の活動に参加するようになった・お年寄りに「アマゾンでの注文の仕方がわからない」、「ネットにつながらくなった」という依頼を…

選挙後はリハビリがてらに自治会のお手伝い

フェイスブックではお久しぶりです。ツイッターではつぶやいていたんですが、フェイスブックで長文を書く気力がありませんでした。 ダウンしていることが多かったです。お礼を言う人もたくさんいるのになかなかできなかった非礼をお詫びしたいです。(昨日は…

団地の中心で、ひきこもりとさけぶ

「ひきこもっていました!」 自分の住んでいる団地でこれだけ言っているんだからもう何も怖くないや。選挙後、みんなにいろいろ声をかけてもらっています。恐怖だった近所の人たちが、みんな優しい人たちばかりでした。

街頭演説にひきこもり新聞の木村編集長が来てくれた

街頭演説にひきこもり新聞の編集長も応援に来てくれました。放送大学の面接授業でスピーチの練習をしたのですが難しかったです。でも、街頭演説より授業のほうが緊張しと思う。 人がずっと演説を聴いているわけではないし、人の入れ替わりが多いので同じ話を…

選挙落選

(入間市役所ホームページより。赤文字は自分が付け足した) 選挙の応援ありがとうございました。期待してくださった方には申し訳ない結果になってすみません。力不足でした。 652.344票をいただきました。(佐藤姓がもう1人いらっしゃったので佐藤で名前を…

入間ケーブルTVが撮影に来るってよ

明日、街頭演説の様子を入間ケーブルTVさんが撮影に来るそうです。 放送大学の面接授業「スピーチとコミュニケーション」で学んだ技術を活かすときです! 問題は、授業のときは学生たちみなさんが話を聞いてくれるのですが、選挙の街頭演説のときは無関心な…

新聞記者から「ホーソウ大学って何?」と聞かれた

「ホーソウ大学、ですか? あの、私、そのホーソウ大学というのをよく知らないのですが、何年で卒業するものなのですか」とある新聞記者が戸惑った声で電話でたずねてきた。 「一応、他の大学と同じように4年ですね。でも、放送大学の学生は卒業を目的にする…

記者クラブの人からコンタクト多すぎ

ここのところ記者クラブの関係者からコンタクトが多い。警戒しすぎて疲れてしまう。マスメディアの人たちとは、正直距離を置きたいけど彼らの影響力の高さは知っている。世論にひきこもり支援を訴えかけたいけど曲解されて見世物にされるんじゃないかという…

選挙公報が白紙になりそう…

役所から選挙公報の原稿を早くしろという電話がかかってきた。たぶんこいつ遅そうだからやばいと思われたんだ。 たしかに忘れていた。選挙公報用の写真が5×4cmという指定で意外とこれに対応するところがない。いろいろ探して、ピクチャンというサービスを使…

政策:議会改革と財源の確保(パート2)

議会改革と財源の確保についてまとめた。 □議員報酬を財源にします 現在、議員が自分の選挙区内の自治体に議員報酬を返還することは寄付行為として公職選挙法で禁止されています(この感覚が理解できませんが……)。 しかし、議員が選挙区外の自治体に議員報…

供託金を納めに法務局にいく

初めて法務局なるところに行ってきました。供託書の手続きは終わりました。そして、指定された銀行に供託金を納めにいきました。ほっとしました。30万円という大金を持ち続ける怖さ。 「あの、選挙の供託金を納めに来たんですけど」と言ったところ、周囲の人…

今は悲しき泡沫君

選挙管理委員会事務局に行ってきた。書類すべてをシャチハタで押してしまったので代わりに用紙をもらいにいったのだ。 僕が選管の部屋に入ったとき、職員たちの生暖かい視線が注がれた。ああ、またあの泡沫君ねという若干呆れたような表情を浮かべていた。他…

自分が議員になったときの政策を考えた(パート1)

政策を少しずつ整理していく。全部ではないですが紹介する。 □障害者の就労支援サポートを充実させます 2018年に精神障害者雇用義務化が始まります。障害者枠で働いていた当事者の目線で障害者雇用に強い入間市にし、企業にアピールします。 障害者雇用が増…

告示日前にホームページを公開していいのか悩む

選挙の書類にウェブサイト等のアドレスを記入する欄があったので選挙管理委員会に問い合わせをした。 ボク「ホームページを今載せちゃっても大丈夫なんでしょうか。でも、今載せないとそちらのほうで確認できないですよね」 選管「いや、投票を呼びかけるよ…

選挙カーはウザくても効果がある現実

(山本一郎氏による2005~2009年の地方選挙における「地区別の候補者の活動」と「地区ごとの得票数」についてデータ) 選挙カーはうるさい。あんなものを使うやつには絶対投票しない。そう思っていた時期が僕にもありました。 選挙カーが有権者の投票行動に…

選挙カーのためのガソリンを提供してくれるお店にいく

近所のガソリンスタンドに行ってきた。ひきこもりのボランティアさんが同行してくれた。選挙カーのためのガソリンを提供してくれませんかと店長さんにお願いしたところ、大丈夫でした。 店長さん「こういうの初めてだなあ~」ボク「僕も新人なのでこういうの…

選挙ポスターの写真撮影にチャレンジ

ポスター撮影をした。ひきこもり友だちが同行してくれたので心強かった。ありがとう。撮影には5、6時間くらいかかった……。 イスに座ってただ写真を撮るだけなので簡単なものと思っていたけれどとんでもない! カメラマンさんに要求が細かい。 「顔のどこそこ…

立候補予定者説明会に出たことをSNSに載せていいのか選管に問い合わせてみた

先週、入間市議選の立候補予定者説明会があった。これFacebookに載せていいのかなあ、公職選挙法って訳がわからないしなあと悩んでいた。 調べたところ、現職の入間市議の三人が既にブログにそのことをアップ済み。ただ、念には念をというわけで埼玉県の選挙…

新聞記者、いろいろ聞きすぎ

選挙の件で新聞記者からアンケート用紙を渡されて、いろいろ書かされた。 「武蔵大学中退と書いてありますがいつ中退したんですか」 「郵便局で勤務していたと書いてありますがいつから勤務していつ退職したんですか」 「放送大学在学中と書いてありますがい…

選挙という非日常的なもので知恵熱

頭痛がだいぶ治まったので物思いにふけていた。 自分がこれからやろうとしている計画(選挙に立候補すること)は、赤壁の戦いで魏に対して呉と蜀が勝利したようなものなのかとか桶狭間の戦いで今川義元に対して織田信長が打ち破ったようなものなのかとか。 …

主治医の選挙に立候補することを打ち明けた

今日は通院日。主治医に自分の選挙に出ることを話した。反対されなかった。むしろ応援してくれる感じ。 「たとえば、LGBTの方などもそうやって世の中の人たちに認知されたりしているし、ひきこもりの人もありだと思う」と先生。 先生に万が一反対されたら直…