わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

新聞記者、いろいろ聞きすぎ

選挙の件で新聞記者からアンケート用紙を渡されて、いろいろ書かされた。

「武蔵大学中退と書いてありますがいつ中退したんですか」

「郵便局で勤務していたと書いてありますがいつから勤務していつ退職したんですか」

「放送大学在学中と書いてありますがいつ入学したんですか」

 

など聞かれて調べるのがわりとしんどい……。取りあえず、武蔵大学に退学証明書を郵送してもらうしかないのかなあ。郵便局勤務っていつからだろう。というか、郵便局でひどい目にあったから思い出したくないよ。

 

大学検定試験の合格証明書も必要なのだろうか。幸いそれは手元にある。たぶん16歳で全科目合格したと思うんだけど簡単な計算が難しくてわからん…。あとで詐称だと言われても嫌だから証明書をスキャンして新聞社に送ってしまいたい。