わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

選挙カーのためのガソリンを提供してくれるお店にいく

近所のガソリンスタンドに行ってきた。ひきこもりのボランティアさんが同行してくれた。選挙カーのためのガソリンを提供してくれませんかと店長さんにお願いしたところ、大丈夫でした。

 

店長さん「こういうの初めてだなあ~」
ボク「僕も新人なのでこういうの初めてで。不慣れですみません」

 

自分自身、手続きがよくわからなかったので選挙管理委員会に契約の流れと書類の書き方を教わってから後日うかがいますと言って帰った。あとはたくさん来ているメールの処理を一つひとつこなしていった。優先事項が高いのを忘れぬうちに早めに返信。でも、何か漏れがないかなあと不安になる。

 

やることリスト

■選挙カーの運転手さんに契約書に記入してもらう
■選挙カー会社に書類を郵送

■市役所にポスター掲示板の設置箇所の地図をもらいにいく
■2月8日に選挙事前審査(書類が揃ってなくても行くらしい)

■ホームページの作成(昨年からひな形は作っていたのでそれをブラッシュアップ)
■ホームページに掲載する文章の作成(これも昨年から大体作っていたのでそれをブラッシュアップ)

■選挙運動用のハガキについて選管に問い合わせ。デザイン、印刷、今のうちに宛名を書ければ(送れるのが二千枚までと規定されているのでどこに送るかの選別)