わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

卒業まで残り21単位

放送大学のキャンパスネットワークにログインし、単位が取れているかどうか確認したところ、面接授業は全て合格していた。

 

f:id:buriko555:20180412195522p:plain


科目は以下のとおり。


「消滅自治体を越えるまちづくり」
「営利と倫理:スミスとヴェーバー」
「総合人間学入門」
「現代日本の労働世界を読み解く」

「スピーチとコミュニケーション」
「多文化共生と日本語教育:実践編」
「年金制度のいまとむかし」
「対人認知と自己認知」


単位を取ったことより普通に電車に乗って普通に朝から夕方まで2日連続で授業を受けられたことがすごい。

 

昔の自分なら考えられない。


(「総合人間学入門」と「スピーチとコミュニケーション」は1週間に1コマや2コアの授業だった)


代わりに放送授業の「貧困と社会」

「リスク社会のライフデザイン」

「人口減少社会のライフスタイル」

「臨床家族社会学」は時間がなくて試験を受けられなかった。

 

来期も無料で再受験ができるのでがんばる。


残り21単位で卒業となる。