わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

ニューヨークから帰国

f:id:buriko555:20180506150421j:plain

ニューヨークから数日前に帰ってきました。すごくつらい旅でしたけど刺激的でもありました。

飛行機やいろんなところで思ったのですが、向こうの方々は赤ちゃんや子どもに優しいですね。その親に対しても。

一緒に自分の姪・甥も旅行に行っていて甥っ子がまだ赤ちゃんなのでやっぱりぎゃーぎゃー泣くんです。でも、みんな「大変だね」と見守ってくれたりあやしてくれたり。

 

エンパイア・ステート・ビルでは、建物から出るのにすごい行列だったのですが、甥っ子が泣きわめいたときは「あなたたち早く行って大丈夫よ」と先に行かせてくれたり。

ニューヨークは本当に面白い街ですね。ハーレムに行ったり地下鉄にも乗ったのですが怖いという印象は受けませんでした。これもジュリアーニ元市長の功績なんでしょうね。

 

今でもジュリアーニさんはマフィアに命を狙われていてそれを守っているのがトランプ大統領というのも面白い話です。
カリブ海の船でロバート・キヨサキの本を読んだのですが(金持ち父さん・貧乏父さんの著者)、彼はトランプと友人です。

二人で共著を出しています。いろいろとつながりがあるものです。