わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

自分の寿命は短いから老後なんて考えなくて済む

前職の上司に「佐藤君、老後はどうするの?」なんてことを聞かれたことがあったんだけど、老後なんてないよと思っていた。

寿命が短いだろうなと思っていたから。そのときはエヴィデンスとしてどうなのかはっきりしていなかったけれど、自分の意識の中では確信していたところがあった。

だから、今やらないと絶対後悔するという気持ちがある。もうどうだっていい、失うものがない、そして最後にこの寿命の短さの意識が自分を動かす原動力になっている。