ひきこもりそーり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

主治医にひきこもり新聞を渡す

昨日、あんなにがんばって疲れているはずなのにほとんど眠れなかった。三時間くらい? やはり眠剤を飲まないとダメなのか。いや、前から眠剤も効かなく眠れないけれど。朝、散歩してから病院にいく。今日は通院日。

 

先生に自分の記事が載っているひきこもり新聞を渡した。

「つぎも選挙に出るの?」と先生。
「う-ん、まだ考えていないですね。今はフリーランスとして挑戦しようと思っています。古物商の免許を取って来年から本格的にやっていきたいですね」

僕はiPhoneに入っている売上管理ソフトを立ち上げ、今までの自分の利益を見せた。

 

「すごいな」先生は驚いた顔を見せた。

「小遣いていどで生活するには足りないですけどね。だけど、体さえ動けばけっこういけるんじゃないかと。一般的に個人の生活の不要品を販売するのであれば課税はされないんです。ただ、来年からはモノを仕入れて販売するつもりなので経費とか商品の勉強をしとかないと。今年は、その準備と体調の回復に専念したいです」

 

もっとも初年度は収入も安定しないし、リハビリも兼ねて短時間でのパートも探すつもり。自分の仕事につながるようなところで働きたい。

たとえば、中国への輸出入をしている会社とか。あとiPhoneの修理会社もいい。質屋も興味ある。ノウハウをおぼえたら自分の仕事に転用して辞める。

仮に仕事が見つからなくても失業手当が出るわけだし、それはそれでいい。最近、知ったけど障害者手帳を持っていると失業手当の給付期間は300日らしい。45才以上の人だと360日。これはでかい。普通は90日だもん。障害者枠だと所得が低いということを考慮してなんだろう。