自爆営業ひきこもり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

日本の労働環境を改善させる方法を思いついた

日本の労働環境を改善させる方法は、働かないこと。

 

ブラック企業のビジネスモデルは、労基法無視でばんばん人を酷使して使い捨てににする焼畑商業で成り立っている。でも、働かない人が増えれば労働者の奪い合いになる。

 

労働者の売り手市場になればブラック企業を選ぶ人は少なくなるし、企業側も福利厚生やコンプライアンスを守って人に来てくれるような職場作りをしなくてはならない。日本の労働環境を良くするには、実は市場原理によってこそ解決できる。

 

いや、でも働かなかったら生活できないという人がいるかもしれない。なら、別の企業で働く。でもブラックでした。すぐに辞める。次第に履歴書に傷が増えてどこも雇ってくれない。なら、生活保護を受ければいい。

 

どこも雇ってくれないなら生活保護を受けられるはず。役所も労基無視のブラックで働けとは言えないだろう。言ったらそれはそれで弁護士を役所につれていけばいい。

 

生活保護受給者の増加による税金負担とブラック企業をのさばらせることによるホワイト企業へのダメージおよび労働者の健康悪化による医療費増加を天秤にかけるとすれば、どちらの方にでかいんだろう。

 

でも、みんな後者のほうが嫌だろう。明日は我が身なんだもん。

 

あと、赤の他人がひきこもりの人に働けよと言う人がいるがあれおかしいと思う。だって、ひきこもっている人が多ければ多いほど労働市場で相対的に自分の価値が高まるわけじゃん。人件費だって高騰するだろう。人手が足りないんだから。

 

働けよと言っているやつらは経営者なのか? それならわかる。でも、労働者なのに労働市場の競争を望んでいるやつはどんだけハングリーなんだよ。

 

みんな、ひきこもったら社会が成り立たなくなると言う人もいるだろう。大丈夫、心配ない。これはチキンレースと同じで働かなくなる人が増えれば増えるほど、働きやすい環境が生まれ待遇が良くなるんだよ。すると、裏切るやつが出てくるはず。

 

たとえば、オレなんてまさにそれだぞ。

 

金に目がくらむやつがどんどん出てきて働き始める。金を稼げば異性にモテると思うやつもいるかもしれない。所得が高い人間ほど婚姻率が高いからな。働かないこと(ひきこもること)による、労働環境の改善およびホワイト企業へのアシスト。それこそが、日本浮上のきっかけになる。