わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

米国三大ネットワークのNBCに出たよ(^_^)v

アメリカのNBCによる、ひきこもりのドキュメンタリー。6分ていどだけど長く感じた。4:20ごろからオレが出てきます。滑舌が、滑舌が~~!!!

ゲイツ、ザッカーバーグ見ているか~? そのうち手紙を送るから。10年後になるかもしれん。20年後になるかもしれん。でも、送るから。

しかし、プロってすごいな。映像が本当にそれっぽい。オレのカメラで撮ったら普通にしか映らないのに。外国人が撮った日本という感じ。

映像の中にワンピース86巻が出てくるのは狙いか。海外でワンピースって人気あるのかなあ。カメラでフレアやゴースト(白っぽいのとか光の輪)を出すようにしているのも一種の技術なのか。

 

車のルームミラーに写る顔を映すところとか、ぼそっとさんが日本語じゃなくて英語で話すところとか、電車内を映すとことか、エスカレーターとか、交差点のところとかかっこいい。

出てくる人を「→Vosot」というポップに紹介しているのもお洒落だなあと思った。最後に「まさに黎明期(って感じ)」という言葉で終わるのがかっこいい。