自爆営業ひきこもり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

男性こそ結婚したがらない

OECDのデータを見ても日本人男性の異常としか言いようがない長時間労働を考えるとメイドさんがいないのって不思議だと思うわ。

それで結婚したら日本の男は家事をしないと言っている人、厳しすぎだろ。労働時間が長すぎるから家事育児に参加できないだけのは当たり前だと思うんだが。

 

「女性の育児・家事の時間が長い」というのは本当か。データ的には正しい。ただし、それによって女性のほうが男性よりも負担が重いという結論にはならない。
なぜなら、男性の「労働時間+家事時間」の合計は、女性のそれとほぼ同じだから(総務省統計局の資料より)

 

もし、女性が男性より抑圧されている、不当な扱いを受けているというのであれば、せめて「労働時間+家事時間」が男性より多いことが前提にならなくてはいけない。

残業時間の夫と妻のデータは以下の通り。

 

残業時間(1日あたりの平均)
夫:92.3分 妻:22.8分

残業時間が0分の割合
夫:28.6% 妻:66.2%

 

これに加えて、データに出てこないサービス残業がある。

しかも、仮に離婚になったとき、「家庭をないがしろにしているブラック夫」と言われる。
それが知られるようになったかどうか知らないが、2008~2015年の「結婚したくない」男女は増えていて、しかもその割合を調べると男性は女性の倍近くなっている。その一方で女性の早く結婚したい層が増加している。

 

家事育児が重労働であれば、妻が仕事をして夫が家事育児の比重を移すという選択肢もあると思うんだ。でも、それを多くの女性は望まない。

女性の経済力は男性よりも低いから仕方がないと仮定してみる。だけど、女医さんや弁護士、会計士など年収が高い人なら男性に家事育児を任せる選択をするかというとそうではないんだ。彼女たち高所得者でもさらに自分より所得が高い男性としか結婚したがらない。

 

そういうハイスペックな男性なんて少ないから女医さんの未婚率は高い。男性医師の未婚率が3%切っているのに対して女医さんは36%くらいだったはず。
そして、女性の経済力についてだけど20代ではもう女性の可処分所得は男性のそれを上回っている(2009年度の総務省調査)。今までは女性の経済力が低いと言われて来たけど、これからはわからない。

 

そうなると、女性は自分より収入が高い男性と結婚したがらないなら、ますます未婚率が高まる。
そもそも結婚する必要があるのかって話だけど。むしろ、結婚しなくても子どもを産めるような環境にしたほうがいいんじゃないだろうか。日本の婚外子比率が2%に対して、北欧を中心にフランスや豪州は50%以上もあるもん。
むしろ、婚外子を認める雰囲気を作って社会全体が子どもを養育する福祉制度を整えたほうが少子化も止まると思うんだけどなあ。政治家の不倫で叩いている現状を見るかぎり、遅れているなあと思う。

 

※白饅頭さんのnoteがとても参考になりました。ぜひ読んでみてください。

note.mu