ひきこもりそーり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

ひきこもりとグラドルのコラボ

先日、秋葉原のグラドルカフェ「グラドル文化祭」と「(株)ウチらめっちゃ細かいんで」というのがコラボして「第一回ひきこもり感謝デー」と称して何かやったらしい。怪しい雰囲気満載だろ(オレも行きたかったけど遠い…)。で、いろいろ調べてみた。

そのグラドルカフェのオーナーが元SKEの手束真知子さんという方。開店資金は約700万円。手束さんの他に毎日6人ほどが接客。在籍者は約25人(日刊ゲンダイより)。

オーナーの手束さんはグラドルをやりながらお店をやって二年。しかし、現在、カフェは大赤字らしい。開店資金が700万円で秋葉原の家賃を考えると経営大丈夫なのか……。

 

グラドルカフェなんて初めて聞いたけどメイド喫茶は知っている。多くの日本人が知っていると思う。だけど、どうやって経営しているのかがわからない。

昔、入間市のとなりの狭山市にメイド喫茶があったんだ。秒速でつぶれたけど。最初は、都内にしかメイド喫茶がないからいけるんじゃないかと思ったんだけど、そう甘くはないらしい。

メイド喫茶だから客層は限られているんだと思う。あと、こういうのはメイド喫茶のとなりにメイド喫茶を出したほうがいいのか。家電量販店と同じやり方。

 

そして、たぶんメイド喫茶に来るお客さんはメイドさんだけが目当てじゃない。同人誌やフィギュアを買いに来たりゲーセンに寄ったりするついでにメイド喫茶に来るんだと思う。

最初、こういうのは店舗を持つと家賃や光熱費などの固定費で厳しいからレンタル彼女やレンタルおっさんのように無店舗のほうがいいんじゃないかと思ったけど、それだとアイドルじゃなくなるのか。

だけど、自分でお店を開いて経営するという行動力と勇気には感服する。素直にすごいと思う。

www.nikkan-gendai.com