ひきこもりそーり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

いますぐスマホにある母ちゃんの名前を新垣結衣に変えろ

こんな実験がある。ダイエットをおこなっている女性たちでスリムな水着姿を思い浮かべた群に比べて、ネガティブなイメージを思い浮かべてしまった群だとどちらが体重を減らすことができたか。

何と後者のネガティブなイメージを思い浮かべた女性たちのほうが前者(スリム体型をイメージした女性)より10キロも体重を減らすことができたという(これアメリカの実験だから元の体重が多いので減り方も多いのだろう)。

理想の仕事に就くことをイメージする者は履歴書を出す回数が減り、その結果内定をもらえない。成績が良くなることをイメージした学生は、勉強する時間が減り、その結果成績が落ちる(エリック・バーカー著「残酷すぎる成功法則」より)。

 

脳というのは、現実とイメージを見分けることが難しい。だからこそ、オレが提唱するガッキー理論(スマホのアドレス帳にある母ちゃんの名前を新垣結衣に変更する)はきわめて有効である可能性が高い。

ガッキー(実際は母ちゃん)から「元気?」と来たら嬉しくなる。ガッキー(実際は母ちゃん)から「なにか食べたいものはある?」と聞かれたら幸せいっぱいになる。ガッキー(実際は母ちゃん)から……etc

うそだったとわかっていても脳はだまされ幸せホルモンや脳内物質とかそんなやつが分泌され、メンタルヘルスに良い影響が出るような気がする。さあ、今日から実行してみよう!