自爆営業ひきこもり

プロこもらー猿。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

ゴールデンウィーク・ダウン

ゴールデンウィーク中、ダウンしていた。お腹というか内蔵全般がおかしすぎる。脇腹と肩のあたりも痛い。風邪なのかメンタル的なものなのかもわからない。ここのところ、寒暖の差が激しくて自律神経がおかしくなっていることはたしかなんだが。

連休中に父親が帰ってきたのが大きかったのもあるかも。いろいろあって父とは世帯分離に近い状態にしているがそれでも完璧ではない。ケースワーカーなどを入れて話をしようとしても「あんな連中と話したくない」と逃げられる。

 

こんな体調が悪いときにハローワークの認定日がやってきた。起き上がれない……。ハロワに電話にしたところ、やむを得ない事情以外はダメだと言われた。風邪なら病院の領収書が必要なんだって。メンタルのダウンについてはよくわからないと言われた(後でこれも病院の領収書があれば大丈夫と判明した)。

たまたま、友人から電話があった。今日、仕事が休みらしい。事情を話すと、ハローワークまでも送迎してくれた。雨が激しく降っていたのもあるし本当に助かった。なんて良いやつなんだ。抱きしめたい!

 

翌日は精神科の通院日だった。まだ回復していないから病院にすら行けなかった。具合が悪すぎて病院に行けない。メンヘラあるある。病院が微妙に遠いし待ち時間が長くて魂を削られる。

一方、内科は近いのと運良く予約一番で診てもらうことができたので助かった。「お腹の風邪みたいなものだから安心していいよ。数日すれば治る。食事も普通にしていい」とのこと。 

医者の言葉を聞いてホッとした。ちょっと、今までに経験しなかった隊長の悪さだったから。せっかく食事・睡眠・運動という国民の三大義務を意識して求職活動に精を出すつもりだったのに。また、振り出しか~。