わりと人生が詰んだひきこもりの備忘録

さとう学。20年ものひきこもりから抜け出したのに勤めた会社はブラックでした。パワハラで再びひきこもりに。社会を変えようと市議選に立候補。ひきこもり新聞、ひきポスに記事を寄稿。

世界初!?「ひきこもり合コン」参加者へのインタビュー中編

 

今回はひきこもりUXフェスでおこなわれた「ひきこもり合コン」の謎に迫ります。前回に引きつづき、さとう学さんにインタビューしました。

 

f:id:buriko555:20180812145004j:plain

ひきボス さて、本題に入ろうと思うんだけど、ひきこもり合コンはどうだった? 我々の周りでも話題になっているんだ。

 

さとう学 はは、たしかにひきこもりと合コンなんて対極にあるものだからね。その気持ちはわかるよ。

 

ひきボス 参加者は集まったのかい?

 

さとう学 実はね、合コンが始まる直前までほとんど集まらなかったんだ。特に女性の参加者がゼロだった。男性は定員に達したんじゃないかな。

 

ひきボス 定員は男性10人女性10人だよね。

 

さとう学  ああ。僕はひきこもりUXフェスの開門時間とともに合コンの申込書にサインしたほどさ。

 

ひきボス すごいやる気だ。でも、女性が集まらなかったから合コンの開催が危ぶまれたみたいだね。

 

さとう学 そうなんだ。だけど、スタッフたちが頑張ってあちこちで声かけをしてくれたらしい。UXフェスでは同時間帯にいろんなイベントがあるんだ。そこに参加していた女性たちに合コンに参加しませんかと誘ったようなんだ。

 

ひきボス そのおかげで合コンは中止することもなく開催されたんだね。

 

さとう学 うん、ホッとしたと同時に本当にやるのかという気持ちにもなったよ。

 

ひきボス え? どうしてだい。嬉しくないのかい?

 

さとう学 嬉しくもあり恥ずかしくもあり。正直、逃げ出したかった。女性に何を話せばいいんだというんだい。話すことなんてないよ。

 

ひきボス まあ、気持ちはわかるけど……。実際、合コンが始まってどうしたんだい。

 

さとう学 長机をはさんで女性と対面するんだ。三分ごとに男性が席を移動して別の女性と話す。その繰り返しだ。

 

ひきボス 主催者は何かゲームを用意していたと聞いたけど?

 

さとう学 うん、いきなりフリートークは難しいからね。ゲームのルールは簡単なんだ。たとえば、好きな動物をあげるんだ。犬とかね。お互い犬が好きだったら1ポイントが得られる。猫も好きだったらもう1ポイントゲット。そういう風にゲームを進めて、ポイントが多いカップルが勝つという仕組みさ。

 

ひきボス へえ。面白そうだね。

 

さとう学 本当にゲームがあって助かったよ。だってさ、ゲームが始まる前、対面の女性と目を合わせられなかったんだ。

 

ひきボス えー! 簡単なあいさつをすればいいじゃないか。どこから来たんですかとか。

 

さとう学 もう頭の中が真っ白でさ。自分の肩を揉んだり首を回したりして『凝ってる、凝ってる、これかなり凝っているわ』という雰囲気を醸し出していた。

 

ひきボス そんな小芝居いらないから!

 

さとう学 だよね……。それは反省しているよ。

 

ひきボス だけど、ゲームが始まったあとの学の活躍は我々のほうまで聞こえてきたよ。会場全体が盛り上がったみたいだね。

 

さとう学 まあね。だって、ゲームに勝ったらQUOカードをもらえるというんだぜ。俄然、やる気が出てきたね。だけどね、僕はとんでもない失敗をしてしまったんだ。合コンには魔物が住んでいると思ったものさ。

 

次回はさとう学さんがどんな失敗をしたかをお聞きしたいと思います。そして、合コンの魔物とは何なのか。気になるところです。

※注 ひきボス(HIKIBOSS)はひきポス(HIKIPOS)とはまったく異なる雑誌です。

 

ひきポスを知りたいからは↓をクリック。

www.hikipos.info

 

www.hikikomori-blog.fun